患者と円滑なコミュニケーションを図るには

患者と円滑な関係を築きたいと考えている看護師は、とても多い。もし、看護師が患者と上手にコミュニケーションを取りたいと望んでいるならば、いくつかのポイントがあるので把握しておくといいだろう。まずは、丁寧な言葉遣いを心がけることが肝心だ。乱暴な言葉遣いは、患者を萎縮させてしまう可能性があるので避けなければならない。
怪我や病気をすることによって、患者は不安や心配を抱きやすくなる。そのような、精神的に不安定になっている患者を安心させたいなら、正しい敬語を使って優しく声かけをする方法が効果的だ。高齢者と話す場合には、敬う気持ちを忘れずに接すれば心を開いてもらえるだろう。子どもとコミュニケーションを図る際には、わかりやすい言葉で話しかけることが大切だ。目線を合わせて話しかければ、子どもが警戒心を解いてくれる可能性は高まる。
さらに、常に笑顔を絶やさないことも、スムーズなコミュニケーションの秘訣だ。不機嫌そうな表情をしていると、患者が気軽に声をかけられなくなってしまうので注意しよう。中には、自分が看護師の機嫌を損ねたのかと不安に思う患者もいる。病状に悪影響を与える場合も考えられるので、表情については十分に配慮すべきだ。
患者と接する際には無表情にならないように気をつけて、笑顔を忘れないことがポイントとなる。看護師の笑顔を見ることによって、安心する患者は多い。このように、患者と円滑な関係を築きたいなら、言葉遣いだけではなく笑顔も重要なカギになる。